2ミリ砂利ってどう?床材を津軽プレミアムとNO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアムに変える!

本当のところは田砂に変更予定でしたが、凄く入荷が不安定でcharmさん等の安いところは入荷すると直ぐ売り切れてしまう。楽天なんかは送料別で5,000円(10キロ)で、そこら辺でしか売れ残っていないため、転売してるんじゃないかと疑うくらいの価格差。

そんな訳で類似しているシンセー津軽プレミアムにしました。価格もちょっと安く、口コミを観ると田砂とほぼ変わらないようなのでポチ。いざ届くとリットルとキログラムを勘違いし、量が足りない…せっかくなのでNO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアムを追加注文しました。

赤玉土から砂への変更は、どれだけ掃除しても粉じんが積もる事にあり。そして白点病という最悪の事態が起こり、床材のリセットを余儀なくされた訳です。悪くも良い機会(?)でした。

比較

津軽プレミアムとNO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアムを比較
津軽プレミアムとNO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアムを比べてみよう

必要最低限ですが、ちょっと比較してたので掲載。

比重

どちらもほほ同じ。1ℓ:0.65~0.7㎏

津軽プレミアムは濡れた状態で届くのでそれを加味してこれくらいかな。

90cm水槽では計25㎏(16.5ℓくらい)を使い、だいたい3.5cmの高さになりました。自分の場合はフィルター代わりにドブ貝、マツカサ貝を入れているので深めです。

通常の90cm水槽であれば15~20㎏(10~13ℓくらい)で良さそう。

赤玉土より重いため、同じ感覚で入れると足りなくなるので、心配であればしっかり計算して下さい。

粒の大きさ

津軽プレミアムとNO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアムの粒の大きさを比較
津軽プレミアムとNO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアムの大きさを比較

NO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアム:2㎜ 中心

シンセー津軽プレミアム:1~2㎜ 中心

当然どちらもバラ付きがあるけれど、特に津軽には1ミリ程度の小さい粒が観られる。

色味

(入れた直後)津軽プレミアムとNO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアムの色を比較
入れた直後の色を比較

津軽は濡れていた影響もあり、顕著な差が出ていますが…

(馴染んだ後)津軽プレミアムとNO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアムの色を比較
馴染んだ後の色を比較

時間が経って馴染むとほぼ同じ。しかし津軽の方は上記の大きさで説明した1㎜の粒が茶・オレンジの粒中心でNO.112より多く含まれ、結果、津軽の方が少し深みのある色になります。

誤差と言えば誤差ですが、ライトが当たると津軽が暖色で深い色NO.112が明るい色寄りになります。

色味に関して、田砂と大差なかったと思いますが、かなり昔の記憶なので明確な違いがあればコメント頂けると嬉しいです。

洗浄時の汚れ

これは明らかにNO.112の方が白い粉じんが出て汚れていました。

赤玉土を経験すればこんなの誤差で、洗えば何の問題もありませんね。

価格

2020/10/25時点で最安値のcharmさんで比べると

NO.112 SpringWater(湧水の砂)ミディアム:2,000円弱(税込)/10kg当たり

シンセー津軽プレミアム:2,300円弱(税込)/10kg当たり

まぁ誤差だよね。ちなみにどちらも田砂(最安値で3,000円強(税込)/10kg当たり)より安いです。

どっちが良い?まとめ

  • 津軽は比較的小さい茶・オレンジの粒が含まれる
  • 津軽は暖色、NO.112は光を反射する明るい色寄り(ただし驚くほどの違いはない)

コスパ的には好み次第。価格はそこまで変わらないので、微妙な色味の違いで選んでヨシ!暖色が好きなので、個人的には津軽です。

メリット

赤玉の時は粉じんが無尽蔵にでるので実際の汚れが分かりづらい。砂利に変えてからはフンも目視で確認でき掃除がしやすく粉じんが出ない。

特にフィルターがないので、この粉じんには悩まされていました。水草の葉に積もる事もなく、腐りかけたウィローモスも復活しつつあります。

デメリット

砂や細かめの砂利はどうしても水草が引っ掛かりにくく抜けやすいです。深くしても斜めに植えてもダメな時はダメです。よって床材少量で浅く水草を植えるのであれば、何かに寄生させるか、重りで固定した方が無難です。

そして低層草はph、栄養価の関係か、成長が悪い。溶けるものもあり(自水槽ではマッシュルーム)。低層水草はまとめて買わずに、まずは少量から試してみましょう。もっさり水草ならば赤玉やソイルの方が向いています。

水草の成長やバクテリアの定着低下もありますが、ここら辺は試行錯誤で解決(合わない水草は諦める)できるかと思います。

砂利系のお勧めメンテナンスグッズ

プロホースで強めに吸い上げると砕けた砂も吸い取れます
プロホースで強めに吸い上げる

水作プロホースエクストラは相変わらず万能で、細さと共に長さも変わるので60~90センチ水槽ではLサイズを推奨。強めに吸い上げれば砕けた砂も吸い取れます。

このサイズのジャリスコップが2ミリ床材に丁度良い
このサイズのジャリスコップが丁度良い

こちらが新たに購入した水作ジャリスコップ。すくった直後は多少すり抜けますが汚れも落ちるので丁度良い。今回紹介した2㎜サイズの床材に最適でした。

みなさんの声 疑問や感想、「自分はこうやっているよ」など何でもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました