油膜が出た!対策にエアー設置。Bモーリーでの対処は危険。

ああーやばい。夜中にハゼ達が浮き気味だったので、とりあえず流水装置を強引に上げて、酸素を送り込みました。前日に多量のイトミミズを投下したのが悪かったのかなぁ。

で、実際油膜が原因と気付いたのは翌朝。大きいハゼ2匹亡くなっちゃいました…凶暴だけど一番可愛かったのに。

ビオトープ水槽にできた油膜
ビオトープ水槽にできた油膜

反射して見づらいけど、垢みたいのが浮いてますね・・・

エアーポンプで対処する

油膜取りの装置は割りと安く売っていますし、自作もできるし、そもそもフィルターさえあればどうにでもなるのですが、肝心なフィルターは勿論ありません。

なので二枚貝の酸素消費も考えて、エアーポンプを購入しました。本当は水草をもっと成長させたいんだけど仕方ないですね。

買ったのは水作 水心です。

エアーポンプ、水作 水心 SSPP-3S(チューブは別売り)
エアーポンプ、水作 水心 SSPP-3S(チューブは別売り)

ちなみに水作 水心 は別途、チューブとストーンを買わなくてはいけませんので、モノによっては計3,000円くらい掛かります。自分的には試しに百均で揃えても良いと思います。実際、ストーンが気に入らず長いのにすれば良かったと後悔。

それと、電源コードが60センチくらいしかなく、直接壁に差し込むのは厳しいので注意してください。

エアーポンプ用のストーンは1日程度水に浸す
まずはストーンを半日~1日水に浸してっと

これであっという間に油膜は解消し、魚の動きが活発になりました。やはり慢性的な酸欠だったんだ。

他と比べて静からしいけど、ブクブク音でかき消されてよくわからない。

エアーポンプは吊り下げることで無音になる
エアーポンプは吊り下げることで無音になる

小型のものであれば、吊り下げる事で振動音はなくなります。周りに触れさせないように工夫して設置してみましょう。ここで先述した電源コードの短さが問題になってきますね。

油膜の大きな要因は活きイトメだった

イトメは12時間でもこれだけ水を汚す
イトメは12時間でもこれだけ水を汚す

こちらは後日追記しています。イトメの繁殖で判明しましたが、上記のように12時間放置しただけで、これだけ水が汚れます。しかも、12時間後の画像は9リットル中、2.5リットルの水を入れ替えた後です。

その後の検証で、床材に潜ってチリジリになれば水を汚さないと判明したのですが、ダマになっていると粘膜でシェルターのように自分の周りを囲みます(触るとネバネバして塊になっている)。

1度に2杯あげる時もあったので、短時間でもどれだけ水を汚しているかは想像できますね。

ここで幸か不幸かイトメが勝手に繁殖し、床材に散って水も汚していないので、このまま維持する事にしました。よってイトメの購入はしませんので、塊を水槽に入れることはもうありません。

結果、油膜は出なくなりました。

人工餌も原因に

自分のストックしている中では「テトラ (Tetra) プランクトン」も見た目で分かるくらい油がしみ出ています。あげすぎや食べ残しには注意したいです。

ブラックモーリーは危険

なお、ブラックモーリーも油膜を食べてくれると書いてあるところもあったのですが、これは危険です。可愛い成りしてヒヤッハー系の悪でして、昔、水質が安定しなかったので黒いヒゲ苔対策に入れたところ、コリドラスの目をくり抜かれてしまいました。

混合の場合、絶対ブラックモーリーを飼ってはいけません。色しか違わないのに、中身は全然違うんですねぇ

他の生体も食べてた。

油膜は限定的な魚しか食べないと思っていましたが、主の気配で近寄るほど慣れてくると、餌にも貪欲になり、ハヤ、プラティ、恐らくドワーフやメダカも含めた雑食の魚が油膜を食べていました。面白い事に草食と肉食は見向きもしません。

もしかすると喰いつきの良い「テトラ (Tetra) プランクトン」の味(油)に慣れたせいで食べ始めたのかもしれません。

ただし餌と勘違い、お腹が空いている時くらいなので、全てを生体に任せるのは厳しそうです。

みなさんの声 疑問や感想、「自分はこうやっているよ」など何でもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました