簡単、タダ。ミナミヌマエビの餌

ミナミヌマエビの本格的な繁殖のため、別容器に移し外置きを始めています。

彼らの餌に関しては、他の魚が食べなかった人工餌や抜けた水草の葉を上げていましたが、少し変更しました。

簡単に手に入り、お金の掛らない餌に変更

まだコケが生えてこないので、そこら辺で手に入り自然なものを集めました。

  • 抜け落ちた水草の葉
  • 落ち葉
  • 葉物の干し野菜
ミナミヌマエビの餌に落ち葉が良さそう
落ち葉はエビの隠れ家兼、餌になって有用ですね

葉の中には毒性のある種類もありますが、枯葉の場合は大丈夫なようです(それっぽいのは避けていますが)。ただ毛虫の毛やカビ等あるため、よく水洗いして1回外気に晒して乾かしています。実際は洗って外にボン なので手間と言うほどではありません。

自然界では勝手に水に落ちているので気にする必要はないかも。

干した小松菜を食べるミナミヌマエビ
干した小松菜を食べるミナミヌマエビ

干し野菜に関してはキャベツはダメで、小松菜の根基は繊維だけ残して食べています。たぶんホウレンソウもイケますよね。冷凍食品のホウレンソウを与えた事もありましたが、意外と食べなくて悩んだ事もありました。柔らかい葉は何でも食べるという訳ではなさそう。なんなら落ち葉だけで良いかもしれません。

稚エビもチラホラ

外気温が低くなってきたので活発さは無くなってきましたが、よ~く目を凝らすと結構な数の稚エビを確認できました。

落ち葉の影響で油膜が出てきたので、ザブっと水を溢れさせ流したいところですが、稚エビも流されてしまうので厳しい感じ。動物性の餌を避ければ油膜回避できると思っていましたが、そう上手くは行きませんね。

順応すると謎死も無くなる

室内でもそうでしたが、繁殖を初めて1週間くらいは1日1匹くらい謎死を遂げます。

これについては原因が思いつきません。しかし時間が経つと全く死者が出なくなったので、エビさんが環境に順応できたサインなのかなあと思います。

9月、10月と飼育していますが、急激な温度変化や雨による水質変化等は頻繁にあるため、水質に慣れた・安定した というと語弊があるような気がるす。

みなさんの声 疑問や感想、「自分はこうやっているよ」など何でもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました